当サイトでは水虫の原因となる白癬菌やカンジダ症などの治療に用いられる抗真菌薬について詳しくご紹介いたします。抗真菌薬についての作用やメカニズムを正しく理解して、早期治療にお役立てください。

抗真菌薬とはどんなお薬?

抗真菌薬は真菌の育成を阻害することで、真菌による症状を治療する医薬品です。真菌とはキノコやカビ、酵母の一種で、空気中にも存在する病原体のひとつとされ、ウイルスや細菌と区別されています。真菌によって感染する種類は白癬菌や癜風菌などがあり、その菌種によって様々な感染症が発生します。有名なものでは白癬菌による水虫が挙げられ、その他にも癜風、アスペルギルス、カンジダ、クリプトコッカスなどがあります。抗真菌薬を用いてこれらの症状を治療しますが、基本的には真菌を殺菌する効果はなく、真菌の細胞膜の合成を阻害する方法を採っており、育成を阻むことで間接的に殺菌的な作用を示します。そのため、抗真菌薬による治療が無駄と考える人もいるようですが、しっかりと治療することで、なかなか治らないと言われる水虫でも完治することができます。抗真菌薬には外用薬と内服薬の2種類が用意されており、症状によって使用する種類を替えていきます。真菌による感染は多くが皮膚にうつるもので、多くは水虫にクリームなどの外用薬を使用しますが、空気中に漂う胞子を吸い込むことで発症するアスペルギルスは内臓に感染するものなので、内服薬を使用して治療を行います。また、水虫でも爪の中に侵入した白癬菌は、外用薬では効果が見られないことが多く、医師の判断によって内服薬を使用することもあります。抗真菌薬は幅広い抗真菌スペクトルで、ほとんどの症状に対応できるとされますが、それでも効かない菌種も存在しており、その症状によってフロロピリミジン系、イミダゾール系、トリアゾール系などの種類から使い分けられています。この系統は作用機序による違いで、真菌の合成を阻害するポイントがどこに置かれているかによって、効果が現れる菌種が異なってきます。